株の始め方(大損しないために守りたいこと)

初心者のための株の始め方!資金はどれくらい必要?損をしない方法は?基礎知識いろいろ

株の始め方で大損しないための方法を二つご紹介しています。現物取引をすること、資金の上限を決めること、損切りのタイミングを決めることです。

株の始め方(大損しないために守りたいこと)

株取引で大損をした、株で損をして何もかも無くしたという話を聞き、株取引は怖いものと思っていました。

しかし、無茶なことをしなければそのようなことはありません。

初心者の株の始め方で知っておきたい、大損しないために守りたいことをまとめておきます。

【損をしない方法その1】

株を始める時に、儲けたいけれど損もしたくないというのが本音ですよね。

大損してしまうと二度と株式投資ができなくなる可能性もあります。

損をしない方法を知っておきましょう。

まず、現物株の投資しかしないことです。

株取引には現物取引と信用取引があります。

現物取引は資金が30万円ならその範囲内で取引をすることです。

信用取引は自己資金の何倍もの株を買う方法で、初心者は絶対に手を出さない方がいいものです。

【損をしない方法その2】

株に投資する場合、上限を決めましょう。

例えば貯金の20%を投資するとか、毎月1万円を投資にまわすというように決めるのです。

そうすればもし株式投資でゼロになったとしても、生活に困ることはありませんよね。

資金の上限を決め、それを超えないようにすることが大切です。

【売却するタイミングも考えて】

株価が買値からどれくらい下がったら売却して損切りするかというのも決めておくと良いですね。

売却するタイミングを逸し、何年も株を持ち続けている人は多いですが、自分なりに損切りのタイミングを決めておくとストレスがありません。

株の始め方を学ぼうとする人はここまで考えていないことが多いですが、ここまで考えておくと良いです。

Copyright http://www.curiowallcoverings.com/ All Rights Reserved.