Closed

結婚指輪の2大素材とも言われているのが、プラチナとゴールドです。

世界全体を見てみると、ゴールドのほうが結婚指輪の素材の主流になっているようですが、日本ではプラチナを選んでいるカップルのほうが断然多いと言えるでしょう。

希少価値が高いプラチナは、ゴールドよりも価格が高めになるのですが、これが逆に一生に一度の買い物となる結婚指輪に対する特別感を生み出し、結婚指輪に向いているという意識を高めているのではないでしょう。

そして日本は、海外各国に比べてプラチナを加工する技術がより高く、さまざまなデザインの指輪に仕上げることができるという点も、プラチナの人気が保たれている理由の1つであるでしょう。

またプラチナの実用的な面も、結婚指輪の素材に最も選ばれる理由となっています。

プラチナは人体にほとんどアレルギーを与えないので、安心して身につけられること、そして硬度が高いことから傷がつきにくく変形に強いことも、毎日結婚指輪を身につけたい人にとっては、非常に使い勝手がいいのです。
参考:意外と気がつかないアレルギー!金属アレルギーってどんなもの?

プラチナ同様に人気が高い素材のゴールドは、イエローゴールドとホワイトゴールドの2色が、結婚指輪の主流になっています。

ゴールドに混ぜる銅や銀といった他の金属の比率によって、ゴールドの色合いを変えることができるので、自分の肌にあう色を選べるというのも、魅力となっています。

そして、ホワイトゴールドはプラチナと同じような仕上がりでありながら安価であることから、ホワイトゴールドを結婚指輪の素材に選ぶ人も増えてきています。

Comments are closed.